親友のメンヘラ女に彼氏を奪われかけた話61

ヘラ子の足掻き

店長の修羅場慣れがすごい

こんな状況でも平然としていられるって、一体どれだけの修羅場を乗り越えて来たのだろう…。

一方私は手も足も出ず、呆然とその場に立ち尽くすだけでした。

ちなみにお客さんが2階にしかいなくて良かったです笑

次回、店長に突き放されたヘラ子は驚きの行動に出ます。(いつも驚きの行動ですが)

※店長が「俺のぺたちゃん」と言っていますが、これは誰に対しても「俺の〇〇ちゃん」と言う店長の口癖なので、あんまり気にしないで下さい笑